静岡で信金合併相次ぐ

更新日:2017年 9月 2日 (土)

 東海の地域金融機関に再編の波が押し寄せている。1日、静岡県内の浜松信用金庫(浜松市)と磐田信用金庫(磐田市)、静岡信用金庫(静岡市)と焼津信用金庫(焼津市)が、それぞれ2019年2月をめどに対等合併することで合意したと発表した。日銀のマイナス金利政策の影響で収益環境が悪化しており、規模を拡大して経営基盤を強化する狙いだ。愛知県内の有力信金幹部は「今回の合併が再編加速のトリガーになる可能性がある。昨日までとは意識が変わるだろう」と話す。地域金融機関は生き残りをかけ、新たな成長戦略を練り直す時期が迫っているといえそうだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 2日 >  静岡で信金合併相次ぐ...