ニートレックスが粗さ1ナノメートル以下の砥石開発

更新日:2017年 8月23日 (水)

 産業用砥石大手のニートレックス(本社愛知県武豊町、金光誠一郎社長)は、表面の粗さが1ナノメートル以下の砥石を開発した。従来の砥石と比較し、表面の粗さが小さく、より硬度の高い物質を加工することができる。開発費は約1億円。主に半導体ウエハー(基板)メーカーなどの需要を見込んでいる。普及が進む電気自動車(EV)の製造行程では、従来より硬質な物質を加工できる技術が必要になる。こうした需要を取り込むことを狙う。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 8月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年8月 > 23日 > ニートレックスが粗さ1ナノメー...