石光工業 生産体制再編、メキシコに新工場稼働で2020年に売上高100億円めざす

更新日:2017年 8月22日 (火)

 自動車用エンジン部品を製造する石光工業(本社あま市甚目寺、加藤久明社長、電話052・444・2210)は、生産体制を再編する。2018年にメキシコで自動車部品の切削加工を手掛ける工場を稼働させるほか、同年4月以降、三重県に工場を新設するなど国内工場も見直す。日本、メキシコ、チェコ、タイの世界4拠点での生産体制を確立させ、20年に売上高100億円を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 8月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年8月 > 22日 > 石光工業 生産体制再編、メキシ...