わがまちの話題 蒲郡市 観光地として進化めざす 日帰りから滞在型へ

更新日:2017年 8月19日 (土)

 海洋のまち、蒲郡市はこの夏、かつてない人出で熱気に満ちている。ヨットの大規模な国際大会が開催され、さらに複合リゾート施設・ラグーナテンボスで恐竜のロボットが接客する「変なホテル」が開業。注目度が上がり、にぎわいが高まっている。これまで近隣からの日帰り旅行客が来訪者の主流を占めていた蒲郡市。遠方から人が訪れ、外国人の姿も目に付く今の光景は、滞在型の観光地にスケールアップしそうな気配を感じさせる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 8月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年8月 > 19日 > わがまちの話題 蒲郡市 観光地...