名古屋市がTV塔からの景観を名物に、眺望確保へ建物高さ制限も

更新日:2017年 8月15日 (火)

 名古屋市では市中心部の久屋大通およびその周辺地区で、公園の再整備への議論が続いている。テレビ塔から名古屋城までの区域では、眺望を確保するための高さ制限に関する議論が本格化した。市は、名駅や栄などの都心部で、容積率に関する新たな考え方を打ち出すことも検討中。10月ごろ開催を予定する「市広告・景観審議会」の議論にも、熱い視線が注がれそうだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 8月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年8月 > 15日 > 名古屋市がTV塔からの景観を名...