福利厚生倶楽部中部、会員10万人突破

更新日:2017年 8月 7日 (月)

名鉄グループで福利厚生代行業務を手掛ける福利厚生倶楽部中部(本社名古屋市熱田区、仲尾英明社長)の会員数が順調に拡大している。このほど、2000年の設立以来の当面の目標としてきた10万人を突破した。中堅・中小企業を中心に人手不足が顕著になるなか、採用拡大や離職防止に向け、福利厚生を充実させるニーズが高まっている。今後も地域に根ざしたメニュー開発を進め、19年度に13万人を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 8月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年8月 > 7日 > 福利厚生倶楽部中部、会員10万...