国際観光都市に向け一歩、IR整備へ研究会初会合

更新日:2017年 8月 4日 (金)

 愛知県は、中部国際空港(常滑市)エリアにカジノを含む統合型リゾート施設(IR)を整備して国際観光都市を目指す。3日、可能性を探る研究会の初会合を開催し、実現への第一歩を踏み出した。愛知はモノづくりでは日本一だが、観光資源が乏しく、東京や大阪のようにインバウンド需要も享受できていない。IRを起爆剤に、観光都市にかじを切る考えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 8月 4日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年8月 > 4日 > 国際観光都市に向け一歩、IR整...