トヨタ系大手部品メーカーが車の電動化や自動運転に商機にらむ 「静粛性」「軽量化」などの取り組みを加速

更新日:2017年 7月29日 (土)

 トヨタ自動車など完成車メーカー各社が電気自動車(EV)に舵を切り、先進各国政府も環境車の普及拡大に向けた制度設計を急いでいる。トヨタ系の大手部品各社は車の電動化や自動運転技術の高度化を商機拡大の好機ととらえ、「静粛性」「軽量化」「省電力」などを切り口に製品開発の取り組みを加速させる構えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 7月29日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年7月 > 29日 >  トヨタ系大手部品メーカーが車...