中部主要スーパー5社の17年6月売上高 既存店、2カ月連続で全社マイナス

更新日:2017年 7月25日 (火)

 中部地方の主要スーパー5社の2017年6月の売上高(速報値)がまとまった。既存店ベースでは2カ月連続で全社マイナスだった。節約志向の高まりや、食品を強化するドラッグストアなどとの競合激化で消費者の来店頻度が下がり、天候不順も客足を鈍らせた。野菜が相場安で推移し、「アニサキス」による食中毒被害の報道が続いて水産品が苦戦したことも響いた。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 7月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年7月 > 25日 > 中部主要スーパー5社の17年6...