ゲンキー、愛知と岐阜に120店超出店

更新日:2017年 7月22日 (土)

福井県を地盤とするドラッグストアのゲンキーは、2020年6月期までの3年間で愛知、岐阜の2県に120店超出店する計画を明らかにした。出店の軸足を徐々に愛知に移しながら2県の店舗数を現状比でほぼ倍増させ、地域シェアを高める。来店頻度向上のため19年6月期末までに全店に生鮮食品を導入する方針。また迅速な商品供給に向けて、今年11月以降に愛知県内で仮設のプロセスセンター(PC)の開設を検討している。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 7月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年7月 > 22日 > ゲンキー、愛知と岐阜に120店...