アイシン・コムクルーズが就業時間中に習い事ができる新制度導入

更新日:2017年 7月 3日 (月)

 自動車用ソフトウエア開発のアイシン・コムクルーズ(本社名古屋市、加藤喜昭社長)はこのほど、社員が就業時間の一部を習い事などに利用できる「チャレンジ制度」を始めた。英会話など仕事の能力アップにつながる特技を磨いてもらうのが狙いだ。個性豊かな社員を育み、最先端のソフトウエア開発を加速させる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 7月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年7月 > 3日 > アイシン・コムクルーズが就業時...