住友理工、「歩行アシストスーツ」を商品化

更新日:2017年 6月30日 (金)

住友理工は、装着するだけで歩行を助ける「歩行アシストスーツ」を商品化する。10月にも試験販売に踏み切る。歩行アシストスーツは、足腰の運動機能が低下した高齢者らのリハビリを補助する機器。スーツ着用者の歩行状態をセンサーで検知し、膝をあげる力を補助する。今後、機能の改良を進めて国内市場に投入。状況をみて、海外展開にも踏み切る考えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 6月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年6月 > 30日 > 住友理工、「歩行アシストスーツ...