中部のスーパー5月売上高は既存店全社がマイナス

更新日:2017年 6月19日 (月)

 中部の主要スーパー5社の2017年5月の売上高(速報値)がまとまった。既存店は全社がマイナス。ゴールデンウイーク(GW)や母の日商戦が盛り上がりを欠いたほか、消費者の節約志向も根強く、平日の集客に苦しんだ。「アニサキス」による食中毒被害の報道が続いた影響で鮮魚に買い控えがみられた。6月からの酒類の安売り規制強化に伴う駆け込み需要も限定的だった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 6月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年6月 > 19日 > 中部のスーパー5月売上高は既存...