トーテックアメニティが高齢者見守りシステム拡販

更新日:2017年 6月13日 (火)

 システム開発を手掛けるトーテックアメニティ(本社名古屋市西区名駅・プライムセントラルタワー7階、坂井幸治社長)は、ベッド内に設置したセンサーにより、主に高齢者の就寝時状態を見守るシステム「見守りライフ」(商品名)の拡販に乗り出す。医療機関および高齢者向け各種施設へ提案。発売初年度の前3月期は90床分を出荷したが、今期は360床分、来期は800床分の販売を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 6月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年6月 > 13日 > トーテックアメニティが高齢者見...