FDA 北九州線の利用促進へ地元が支援組織新設

更新日:2017年 6月 6日 (火)

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が運航する名古屋(小牧)―北九州線で、北九州市の自治体、経済団体で組織する「北九州空港利用促進連絡会」が新たな搭乗客拡大策に乗り出した。「北九州空港FDA企業サポーターズクラブ」を創設。キャッシュバックの特典を設け、全国の企業、団体を対象に会員募集を始めた。利用促進を図り、複数便化の復活につなげていく考えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 6月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年6月 > 6日 > FDA 北九州線の利用促進へ地...