太平洋フェリー 苫小牧―仙台間のフェリー「きたかみ」を更新へ

更新日:2017年 6月 6日 (火)

 名鉄グループの太平洋フェリー(本社名古屋市、安藤克己社長)は、苫小牧―仙台間を就航するフェリー「きたかみ」を更新する方針を固めた。1989年10月に初就航して以来、約30年が経過した。新造船は2019年1月に就航する予定で、旅客の利用が少人数化していることから、大部屋をなくし、個室数を約3倍に増やす。快適性とプライバシーを重視し、シニア層やインバウンド需要を取り込む

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 6月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年6月 > 6日 > 太平洋フェリー 苫小牧―仙台間...