東海4県の3月宿泊者数は11ヵ月連続減少

更新日:2017年 6月 2日 (金)

 東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の2017年3月の「延べ宿泊者数」(総宿泊者数)は、前年同月比2・6%減の469万7千人泊と、11カ月連続で前年実績を下回った。外国人延べ宿泊者数(外国人宿泊者数)は15・4%減の39万5千人泊だった。中国からの団体旅行客が減少傾向で、各県とも外国人宿泊者の取り込みに苦戦しているようだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 6月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年6月 > 2日 > 東海4県の3月宿泊者数は11ヵ...