トヨタケーラム、眼鏡型ウエラブル端末提案

更新日:2017年 5月19日 (金)

 設計・製造支援システム開発のトヨタケーラム(本社名古屋市東区泉、大島哲也社長)は、眼鏡型のウエアラブル端末「ウエアラブル・アイトラッキング・グラス」の販売に力を入れる。人の目の動きを測定・可視化できるシステムを提案。製造現場での目視確認の精度や品質の向上に役立つことや、熟練社員の目線を記録することで技能伝承も図れることをアピールする。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 5月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年5月 > 19日 > トヨタケーラム、眼鏡型ウエラブ...