丸栄の脱百貨店、名駅との格差拡大に危機感

更新日:2017年 4月15日 (土)

 丸栄が百貨店事業からの完全撤退も視野にテナント型事業への転換を打ち出した。栄の一等地に店を構えるものの、郊外モールやインターネットに客足を奪われ、〝脱百貨店〟を宣言せざるを得ない事態に追い込まれた。リニア中央新幹線の建設でにぎわう名駅と栄の格差は広がるばかり。丸栄の変革を地域商業者は固唾を飲んで見守っている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 4月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年4月 > 15日 > 丸栄の脱百貨店、名駅との格差拡...