東海警備保障、スマホで自宅の様子確認、マンション用システム開発

更新日:2017年 4月12日 (水)

 東海警備保障(本社名古屋市北区清水、馬場善志雄社長)は、スマートフォンと連動するマンション専用のセキュリティーシステムを開発した。カメラ付きインターホンや防犯センサーなどのマンション設備をIoT(モノのインターネット化)技術で監視。異常を感知すると居住者のスマホにプッシュ通知する。防犯システムの確認や実行もスマホ1台で遠隔操作できる。発売日は5月1日。マンションの開発業者や管理会社をターゲットに初年度50棟の新築物件に導入を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 4月12日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年4月 > 12日 > 東海警備保障、スマホで自宅の様...