名古屋の繊維各社、ASEANシフトに一服感

更新日:2017年 4月 7日 (金)

 繊維業界のチャイナプラスワン戦略が鈍化している。近年、ASEAN(アセアン、東南アジア諸国連合)に生産をシフトさせる動きが加速してきたが、技術が未熟で不良品が発生したり、リードタイムが長いといったデメリットが顕在化してきたからだ。人件費が高騰する中国に比べアセアンは低コストでの生産が可能だが、課題は多い。名古屋の繊維各社の動きを追った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 4月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年4月 > 7日 > 名古屋の繊維各社、ASEANシ...