ダイセキ環境ソリューション、弥富に土壌処理施設

更新日:2017年 4月 6日 (木)

汚染土壌処理のダイセキ環境ソリューションは5日、弥富市で国内最大級の処理能力を持つ新施設を完成させた。中部に加え、関東や関西など全国から受け入れる。処理施設は5カ所目となり、同社全体の処理能力は年100万トンに高まる。東京都の築地市場の豊洲移転を巡る汚染土壌対策の不備などで、汚染土壌を適正に処理する需要が高まっている。受け入れ余力を高めて収益を拡大する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 4月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年4月 > 6日 > ダイセキ環境ソリューション、弥...