リオGHD 障害者福祉事業に力 就労支援や自動施設

更新日:2017年 3月 9日 (木)

 アパレルメーカーのリオグループホールディングス(リオGHD、本社名古屋市中区、横山和幸社長)が、福祉事業に力を入れている。2014年に知的障害者の就労機会をつくる施設・就労継続支援B型事業所を開業し、同事業に参入した。16年には障害のある児童のための通所施設・放課後等デイサービスの運営も開始。事業の幅を広げている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 3月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年3月 > 9日 > リオGHD 障害者福祉事業に力...