アイシン辰栄 19年めどに海外進出へ、北米軸に検討

更新日:2017年 2月22日 (水)

 アイシン精機グループの自動車部品メーカー、アイシン辰栄(本社碧南市、榎本貴志社長)は、海外進出の検討に入った。樹脂成形品の塗装事業で北米進出を軸に調整している。2019年ごろに海外拠点を開設したい考え。これまで国内での事業に特化してきたが、持続的な成長に向けては国内依存からの脱却が不可欠と判断した。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 2月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年2月 > 22日 > アイシン辰栄 19年めどに海外...