再び中部で地銀統合の動き、三重銀と第三銀が交渉

更新日:2017年 1月 6日 (金)

 ともに三重県を地盤とする三重銀行(四日市市)と第三銀行(松阪市)が、経営統合に向けて交渉に入ったことが5日、明らかになった。3月までに合意し、2017年度中にも統合を目指す。日銀のマイナス金利政策の導入により、金利競争が激化、金融機関の経営環境は悪化している。統合によって経営の効率化を図り、生き残りをかける狙いだ。中部地方では金融再編の動きは鈍かったが、期待の声も多く、今回を機に具体化する可能性がある。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 1月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年1月 > 6日 > 再び中部で地銀統合の動き、三重...