カネソウ、本社工場に試験装置を導入

更新日:2016年 12月30日 (金)

 建築用の金属製品などを製造するカネソウは、三重県朝日町の本社第3工場に「免震用エキスパンションジョイント」の地震時の挙動を確認する試験装置を導入した。製品を載せてさまざまな振動を加え、損傷の有無などを調べる。投資額は約1億2千万円。同製品は地震対策に効果的で需要が増えている。外注していた試験業務を内製化して製品開発のスピードを上げ、一段と販売に力を入れる考えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2016年 12月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年12月 > 30日 > カネソウ、本社工場に試験装置を...