太田廣が「触覚センサ」の提案強化

更新日:2016年 12月27日 (火)

 ゴムや合成樹脂類を取り扱う総合商社、太田廣(本社名古屋市中川区十一番町、太田直実社長、電話052・661・6161)は、人間の手が持つ触覚情報や圧力、表面形状、温度などを人工的に検出できる「触覚センサ」(製品名)のユーザー開拓に乗り出した。触覚情報を得るためシリコンをベースに開発した探知部分の「ソフトタッチパッド」に、読み取り用のドットを高精細印刷しているのが特長だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2016年 12月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年12月 > 27日 > 太田廣が「触覚センサ」の提案強...