三越星ヶ丘店/暦年売上高、初の丸栄超えへ

更新日:2016年 12月26日 (月)

名古屋市内の百貨店(5社6店)で、売上高の最後尾を走ってきた名古屋三越星ヶ丘店(以下三越星ヶ丘店、松浦宏紀店長)が元気だ。高級ブランドがひしめく栄や名駅地区の百貨店と徹底して差別化し、上質な日常生活支援に軸足を置いた戦略で固定客を掘り起こしている。消費者の〝百貨店離れ〟が叫ばれる中、2016年1~11月の売上高は、ほぼ前年並みを維持。ライバル店である栄地区の丸栄を、暦年(1~12月)売上高で初めて上回ることが目前に迫った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2016年 12月26日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年12月 > 26日 > 三越星ヶ丘店/暦年売上高、初の...