背景に国内縮小への危機感 連合で海外開拓、業界の転機に

更新日:2016年 10月13日 (木)

 トヨタ自動車とスズキが業務提携に向け、具体的な検討に入った。背景には、少子高齢化や人口減少で大幅な伸びが期待できない国内市場などに対する危機感が垣間見える。海外のライバルメーカー間で協業が進む中、日本の自動車産業も大きな転換期を迎えることになる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2016年 10月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年10月 > 13日 > 背景に国内縮小への危機感 連合...