大豊工業が工場で新しい社内検定制度を導入

更新日:2016年 2月23日 (火)


 自動車エンジン用軸受けメーカーの大豊工業は2016年度から、国内工場で働く技能系社員を対象にした社内検定制度を導入する。軸受けの切削加工や圧延など各工程のノウハウ習得を通じて技能の底上げを図る。すでにベテラン社員が中心となり、検定に使うテキストを作成している。ベテランから若手への技能伝承を円滑に進める狙いだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2016年 2月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年2月 > 23日 > 大豊工業が工場で新しい社内検定...