決算を読む=富士変速機、増収も開発費かさみ経常減益

更新日:2016年 2月 5日 (金)

 富士変速機が4日発表した2015年12月期決算は、売上高が前期比9・9%増の64億9600万円、経常利益が15・8%減の2億2500万円だった。生産設備の動力装置に使われるモーターの回転速度を調整する減速機や、立体駐車場装置の受注が堅調だった。一方、減速機の高効率製品への切り替え需要に対応するための開発費などがかさみ、減益となった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2016年 2月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年2月 > 5日 > 決算を読む=富士変速機、増収も...