アイシン精機、グループ内の生産協力を拡大

更新日:2015年 9月 1日 (火)

 アイシン精機グループはグループ内の生産協力を拡大する。自動車用手動変速機(MT)メーカーのアイシン・エーアイ(AI)は2016年中に本社工場(西尾市)の主要3工場棟のうち、1棟を自動変速機(AT)の構成部品を造る専用棟にする。投資額は60億円。吉良工場(西尾市)では、すでに建屋の一部をアイシン・エィ・ダブリュ(AW)に賃貸している。16年春までに賃貸スペースを約5割広げる。主力のMTは海外への生産移管により国内生産を減らし、国内工場ではスペースに余裕が生まれている。アイシンAWの増産に協力しながら、遊休スペースの有効活用につなげる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2015年 9月 1日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2015年9月 > 1日 > アイシン精機、グループ内の生産...