日本ガイシが車載NOxセンサー増産 欧州の伸び見込む

更新日:2014年 7月11日 (金)

 日本ガイシは、自動車の排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)を測定する車載用NOxセンサーの増産に乗り出す。10日、同センサーの素子を製造する小牧事業所(小牧市)やポーランド工場を増強すると発表した。ことし9月にディーゼル車の排ガス規制を一段と強化するユーロ6が欧州で導入されることなどから、NOxセンサーの需要が伸びると判断。需要増を確実に取り込める体制を整える。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2014年 7月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2014年7月 > 11日 > 日本ガイシが車載NOxセンサー...