丸加醸造場が三河の「豆みそ」前面に、若年層にもアピール

更新日:2013年 5月 8日 (水)

 醸造品や漬物を製造販売する、丸加醸造場(本社豊田市越戸町上能田91、岩瀬浩司社長、電話0565・45・1001)は、商品PRの強化に乗り出す。このほど看板商品のみそ漬けが三河地方の名産品であることを強調するため、「豆みそ」と表記した販促ツールを作成した。パネルやポップなどの販促ツールを売り場に掲げ、来店客への訴求効果を高める。地域色を打ち出した販促により、土産物としての認知度を向上させる考え。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 5月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年5月 > 8日 > 丸加醸造場が三河の「豆みそ」前...