リアルタイムで災害情報 テレネットがバス運行管理システム開発

更新日:2013年 5月 8日 (水)

 緊急通報システム開発、販売などのテレネット(本社長野県、青山貴子社長)は、災害対策型のバス運行管理システムを開発し、岩手県内のスクールバスに導入した。バスの運転手は、車内で地震や津波の情報をリアルタイムに把握できる。沿岸部を走行している場合、高台への迅速な避難が可能になる。5月24日から名古屋市で開催される防災関連展示会に出展し、中部地区の自治体や学校、企業などにPRする。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 5月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年5月 > 8日 > リアルタイムで災害情報 テレネ...