安全な旅へ配慮万全、名古屋のバス事業者が最新機器で対策

更新日:2013年 4月29日 (月)

 名古屋市内に本社を置くバス事業者が安全対策に力を入れている。名鉄バスは年内に、次世代型の安全対策機器を全車両に導入する。ジェイアール東海バスは2013年度中に、デジタルタコグラフを全車に配備する。バス業界では、関東地区の観光バス事業者が昨年4月、大型事故を起こした。顧客の安全に対する関心が高まっており、各社とも安全対策を加速する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 4月29日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年4月 > 29日 > 安全な旅へ配慮万全、名古屋のバ...