小林クリエイトが農産品生育管理システム開発、自動認識技術を活用

更新日:2013年 4月25日 (木)

 コンピューター出力用紙大手の小林クリエイト(本社刈谷市小垣江町北高根115、小林友也社長、電話0566・26・5301)は、農産品の生育管理システムを開発、発売した。農産品の収穫量を予測したり、栽培作業の内容を表示したりする。これまで主に自動車業界向けシステムの開発を手がけてきたが、このノウハウを農業分野で応用し、農業経営を支援する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 4月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年4月 > 25日 > 小林クリエイトが農産品生育管理...