IT工房Zが栽培支援システム開発、スマホで遠隔制御

更新日:2013年 4月25日 (木)

 ITベンチャーのIT工房Z(本社名古屋市中区新栄2の2の24・あいちベンチャーハウス205号、座光寺勇社長、電話052・238・1355)は、ハウス栽培農家の生産性向上を支援するITシステムを開発する。農家がスマートフォン(多機能携帯電話)などからハウス内温度を遠隔制御したり、将来の収穫量を予測できるようにする。10月に千葉県で開催される「農業資材エキスポ」に出展し販売を始める。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 4月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年4月 > 25日 > IT工房Zが栽培支援システム開...