フカデンがマルチコプターを使用して空撮で太陽光パネル点検

更新日:2013年 4月19日 (金)

 自動車生産ラインや航空機の制御盤などを製造する、フカデン(本社豊田市深田町1の19の3、加藤太社長、電話0565・29・3139)は、小型マルチコプターを使った太陽光発電パネルの点検システムを自社開発した。空中からサーモグラフィックカメラでパネルを撮影し、表面の温度変化によりパネルに不具合がないかを確認する仕組み。太陽光発電関連の新規ビジネスとして、同システムの普及を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 4月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年4月 > 19日 > フカデンがマルチコプターを使用...