サカツコーポレーションが食品卸事業を主力事業へ育成、売上高構成比5割へ

更新日:2013年 4月18日 (木)

 業務用酒類・食品卸販売のサカツコーポレーション(本社名古屋市中区千代田1の16の1、牧野充宏社長、電話052・242・1111)は、食品卸事業の強化に乗り出す。昨年、業務用食品卸専門の久世(本社東京都)と業務提携。17日、業務提携後初の共同展示会を名古屋で開催した。全体の売上高に占める食品卸事業の割合を現状の4%から将来的には5割程度に引き上げ、主力事業に育てる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 4月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年4月 > 18日 > サカツコーポレーションが食品卸...