ニシトモが自社製品顧客の体温、血圧など測定データを一元管理、異常数値をメールで配信へ

更新日:2013年 3月15日 (金)

 医療機器の製造やコンピュータソフト開発を手掛けるニシトモ(本社三重県度会郡玉城町昼田449の3、西村兼一社長、電話0596・58・6987)は、自社製品で体温や血圧などを測定した顧客データを一元管理し、異常数値が出た場合にメール配信するサーバーシステムを開発、年内をめどにサービスを始める。利用者は体温計や血圧計などをパソコンやスマートフォン(高機能携帯電話)に接続して測定結果を同社システムに送信するだけで、健康管理ができる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 3月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年3月 > 15日 > ニシトモが自社製品顧客の体温、...