ステーション・イン・大府の客室改装が好評、宿泊3割増

更新日:2013年 3月15日 (金)

 ビジネスホテルのステーション・イン・大府(本社大府市中央町2の223の2、深谷洋二社長、電話0562・44・4000)は、ファミリー層の需要喚起を狙いに改装した客室が好調に推移している。12年2月に2階全11室のうち、ツインルームとシングルルーム10室に床暖房を導入。床暖房のフローリング化に合わせて、シングルにマットレス2組をセットして安価な宿泊を打ち出した。近隣病院への通院や看護、結婚式出席などの需要が増え、ビジネス需要以外の宿泊が改装前に比べ3割増で推移している。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 3月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年3月 > 15日 > ステーション・イン・大府の客室...