チームエコラボが太陽光駆動源の防犯カメラ開発

更新日:2013年 2月27日 (水)

 異業種の中堅・中小企業8社が共同出資する、環境保全製品製造のチームエコラボ(本社名古屋市緑区、長崎洋二社長、電話052・892・1296)は、太陽光を駆動源とする防犯カメラを開発し、市場投入した。電源確保が難しい駐車場や工場、倉庫などの監視に役立つ。夜間や曇りの日は、蓄電池を使う。犯罪を解決する手段として、防犯カメラの重要性が高まっていることに対応する。価格は92万円。年内に100台の販売を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 2月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年2月 > 27日 > チームエコラボが太陽光駆動源の...