「Re・チャレンジ」 東濃1 窯業のシリコンバレーへ 分業で極めた技術結集

更新日:2013年 2月25日 (月)

 岐阜県東濃地区は、陶磁器・タイルメーカーが集積する全国トップレベルの窯業産地を形成している。海外からの安価な製品な流入や消費不況で厳しい状況が続く中、既存技術を応用して新規分野に進出したり、新たなブランド構築を模索する動きが出てきている。また、交通アクセスの充実により、新規企業の進出が相次ぐ一方、過疎・高齢化も進み、それに合わせた新しいサービスも芽生えている。東濃地区の挑戦を追った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 2月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年2月 > 25日 > 「Re・チャレンジ」 東濃1 ...