日本ガイシがNAS電池の受注再開へ 欧州、中東に売り込み

更新日:2013年 2月21日 (木)

 日本ガイシ(加藤太郎社長)は、大規模電力貯蔵装置のNAS(ナトリウム硫黄)電池について、受注再開に向けて欧州や中東など海外を中心に営業を強化する。加藤社長は受注見通しについて「近いうちにとれると思う」と意欲を見せた。コスト競争力を高めるため、海外生産の必要性も示唆した。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 2月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年2月 > 21日 > 日本ガイシがNAS電池の受注再...