円滑化法終了対策、中小企業へ資金供給を 愛知県、名古屋市が地元機関に協力要請

更新日:2013年 2月20日 (水)

 愛知県と名古屋市は、中小企業の借金返済を猶予する中小企業金融円滑化法が3月末に期限切れを迎えることから、中小企業の資金繰りを支援するため、取り組みを強化する。19日、名古屋銀行協会の小笠原剛会長(三菱東京UFJ銀行副頭取)ら金融関係者を愛知県公館に招き、大村秀章知事は「資金需要が高まる年度末を控え、企業の資金ニーズに的確に対応していただきたい」と協力を要請した。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 2月20日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年2月 > 20日 > 円滑化法終了対策、中小企業へ資...