「風読み」 東海8行の12年12月末残高 動く地銀の投信販売 円安、株高受け7.8%増

更新日:2013年 2月20日 (水)

 地方銀行の投資信託の販売が動き始めている。東海3県(愛知、岐阜、三重)に本店を置く地銀8行の2012年12月末の個人預かり資産の投信残高の合計は前年同月末比7・8%増の7463億4600万円だった。「アベノミクス」に伴う円安・株高基調を受け、個人投資家が動き出したためだ。「年明け以降、その動きは加速している」(金融機関関係者)と期待。各行とも積極的に販売を強化していく方針だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 2月20日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年2月 > 20日 > 「風読み」 東海8行の12年1...