Reチャレンジ=東三河・消費者に応える農業

更新日:2013年 2月13日 (水)

 東三河の産業構造は尾張、西三河に比べ1次産業(農林漁業)のウエートが高いという特徴を持つ。豊橋市は全国の市町村別の農産物出荷額で全国トップクラス。安価で豊富な食材を入手できる地の利から食品加工メーカーも集積している。11月には、ご当地グルメでまちおこしの祭典「B1グランプリ」が豊川市で開催される。大手製造業の海外移転、人口減少、個人消費の低迷など経済環境が悪化するなか、東三河の挑戦の軌跡を探った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 2月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年2月 > 13日 > Reチャレンジ=東三河・消費者...