スタディー=「なし婚」時代に知恵絞る結婚式場

更新日:2013年 1月28日 (月)

 春のブライダルシーズンに向け、名古屋市内の主要ホテルや結婚式場を併設するレストランなどで、ブライダルフェアが盛んだ。少子化、晩婚化や結婚適齢期の若者の収入減などが理由で、結婚するカップルの約4割が挙式を行なわない「なし婚」という。逆風下、各施設はフェアをきっかけに1組でも多くの契約者を獲得しようと知恵を絞っている。式場を選ぶ若者の傾向や各施設の特色を探った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 1月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 28日 > スタディー=「なし婚」時代に知...