光生アルミ、農業進出へ 南ア原産野菜を栽培、自動車国内減産に備え

更新日:2013年 1月26日 (土)

 自動車用アルミホイールを手がける光生アルミニューム工業(本社豊田市、神谷徹志社長)は、農業に参入する。塩生植物の「アイスプラント」を自社栽培し販売する。現在検討中だが、早ければ2月にも出荷を開始する。今後、国内の自動車生産は減少する見通し。同社は減産に備え、非自動車事業を育成・強化する方針で、その一環として農業に参入する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2013年 1月26日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 26日 > 光生アルミ、農業進出へ 南ア原...